育成カリキュラム

世界に羽ばたく選手を育てるために

JGFAアカデミーバリュー

3つのアカデミーバリューを共通言語に!
当アカデミーの明確なDNAを構築

JGFAカリキュラム

局面ごとに定義

日独フットボール・アカデミー(JGFA)では、サッカーを局面ごとに定義して、選手に指導しています!

局面を再分割する

攻撃と守備の局面をそれぞれ再分割することで、より詳細な戦術行動の指導を可能にします。
局面を再分割する

指導する割合

ジュニア年代の特性に合わせ、攻撃:守備の割合は2:1。
子供達がボールに触れる機会を増やすことで、サッカーが好きになります。
局面を再分割する

戦術ピリオダイゼーション

8週間を1周期とし、年間約5サイクル回すことで、サッカー知識の蓄積と応用力を身につけることができます。

システムの固定

システムを固定し、各ポジションをナンバリングすることで、「慣れた環境」で役割を学ぶことができます。

トレーニング

頭を使う賢いドイツ式サッカーと、自分で考えて行動できる人間力の育成を目指す

日独フットボール・アカデミーは株式会社RECCOSSと提携し、「プロ」基準のコーチングを実施いたします。

簡単なものから順序立てて指導

トレーニングは、簡単なものから順序立てて指導。
一つひとつのエクササイズが明確なつながりを持ち、試合に直結します。
オーガナイズはゲームからの逆算。カリキュラムに沿った戦術行動をベースにスキル、フィジカル、メンタルを組み立てます。

コーチング

問題解決力を養う

常に選手にオーナーシップを求めることで、問題解決力を養います!

ゲームコーチング

その都度のテーマに沿った明確な「戦術目標」を立てます。