BLOG

日々の練習や試合の様子

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 練習
  4. 【神奈川校U-14】練習したことを試合でイメージできるようになる(8月15日 木曜日 トレーニングより)

【神奈川校U-14】練習したことを試合でイメージできるようになる(8月15日 木曜日 トレーニングより)

8月15日(木)、神奈川校は練習日でした。
19時半からのU-14のトレーニングは、守備の動き方に重点を置き「真ん中を閉める・ラインを上げる」がテーマでした。

最初は二人一組でボールを使わずに、足の運び方、体や顔の向きを確認して行いました。やがて各選手がチェックし終えるとボールを投入し、徐々に人数を増やしていきます。
日独フットボール・アカデミー神奈川校U-14 木曜日 トレーニング
日独フットボール・アカデミー神奈川校U-14 木曜日 トレーニング

選手たちは、メニューの進め方で不明なところがあれば積極的に声を上げて、不明点を解消してから取り組んでいました。
日独フットボール・アカデミー神奈川校U-14 木曜日 トレーニング

練習後の振り返りの時間には、エミルコーチが「最近の試合をみるとプレッシングは良くなっています。ただ、マークの付き方など、まだまだなところがあります。今日練習したことを試合でイメージできるようにしましょう」と選手に伝えていました。
日独フットボール・アカデミー神奈川校U-14 木曜日 トレーニング
日独フットボール・アカデミー神奈川校U-14 木曜日 トレーニング

神奈川校U-14は、8月18日(日)から20日(火)まで、千葉県市原市のアルビンスポーツパークに遠征し、大森FC(東京都大田区・品川区)、マーレスポーツクラブ(静岡県伊東市)との合宿に参加。練習及びトレーニングマッチを行い、令和最初の夏休みを仕上げていきます。そして9月からは公式戦である「神奈川県クラブジュニアユースサッカーリーグU14」に挑みます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事