subpage_top_logo

メッセージ

サッカーを楽しみながら、
選手として人間として
成長してほしい

日独フットボールアカデミー校長

フランク・オルデネヴィッツ


当校から世界へ
羽ばたいてほしい

message1_img01

一流選手を目指す日本の若い選手の皆さん、こんにちは。トーマス・シャーフです。
20世紀にワールドカップを3回獲得したドイツ代表チームは、21世紀に入って欧州選手権やワールドカップで優勝するどころか勝つことができなくなり、多くの議論を重ねた結果、育成の大改革に着手しました。そして、ドイツ・フットボール協会主導で育成プログラムを充実させるばかりでなく、練習場やクラブハウス等の施設にも莫大なお金を投入した結果、ここ10年余でブンデスリーガ・クラブを中心にドイツのアカデミーは大きく様変わりし、2014年のワールドカップ・ブラジル大会で実に四半世紀ぶりに4度目のワールドカップを手にします。

エジル、ゲッツェ、ケディラ、ボアテング、そしてノイヤーといった選手たちは、躍進ドイツの象徴とも言える選手達で、今尚ドイツのフットボール界は若手の育成に力を注ぎ続けています。翻って日本のフットボール界では、ドイツの育成の充実と歩調を合わせるように、香川選手を筆頭に、長谷部、岡崎、大迫、原口、両酒井選手といった若い選手達がドイツで活躍するようになり、ブンデスリーガの各クラブは、日本が若手有望選手発掘の優良な市場であるとの認識を共有するようになりました。

しかし、世界最高峰の舞台であるチャンピオンズ・リーグに目を向けると、日本人選手の活躍を目にする機会は激減し、そこに今の日本フットボール界の限界を見ることができます。世界最高峰の舞台であるチャンピオンズリーグで活躍する日本人選手を、ドイツでも有数のアカデミーを擁するヴェルダー・ブレーメンと手を組んで、ドイツ式の育成プログラムで育て上げるのが、このアカデミーの最大の目的です。特にヴェルダー・ブレーメンに出向いて行う研修旅行は、若い選手達が本場の空気に触れて多くのことを学べる絶好の機会となるでしょう。

私も大好きな日本のフットボール界の発展に寄与できるならば光栄ですし、チャンピオンズ・リーグの常連クラブで活躍する日本人選手を数多く見る事が出来れば、こんなに嬉しいことはありません。そして、一人でも多くの日本人の若手選手が、当校から世界へ羽ばたいて行ってくれればと願っていますし、近い将来、皆さんと日本のピッチで顔を合わせる日を楽しみにしています。

日独フットボールアカデミー名誉校長

Thomas Schaaf

トーマス・シャーフ